記事リスト

典型的な前兆

割れたハート

早めに察知する

遠距離恋愛では、別れを感じてしまういくつかの前兆があります。遠距離恋愛になってしまうと、気持ちが離れてしまう可能性が出てきますが、その前兆ともいえる行動や言葉は共通しています。それを事前に察知できれば、別れを受け入れたり、防止できる対策を行うことができます。遠距離恋愛における別れの前兆として、会う機会が少なくなってくることです。以前は遠距離であってもよく会っていたり、会いたいと言っていたことが、徐々に少なくなっていくようになります。心が落ち着いたとも読み取れますが、会う機会が極端に減ったり、会う機会を求める言葉がほとんどなくなったようであれば危険です。また、同じようにメールや電話の頻度が少なくなれば、気持ちが離れている証拠とも捉えられます。会う機会は遠距離であれば物理的な問題が生じますが、連絡はいつでもできます。特にメールがほとんど来なくなれば、別れの前兆の可能性は大きいです。貴重な時間の中で会うことができたり、連絡でやり取りをしていても、会話が少なくなってきたような場合は興味が薄れてきていると考えられます。加えて、否定的なことばかり言われるようになったときは、別れを意識してしまっても仕方がありません。恋愛感情がなくなり、大切な存在ではなくなった場合、冷たい態度を取ってしまう心理が働きます。こういったマイナスな行動や言動は別れの前兆の典型でもあるので、当てはまるようならば気持ちの整理が必要です。遠距離恋愛は時間が経つにつれて修復がどんどん難しくなってしまうため、別れが受け入れられない場合は早めの対策を行わなければいけません。